疲れにくい靴とは

cciluのシューズが疲れにくいと言われていますが、そもそも疲れにくい靴とはどういうものなのか調べてみたところ・・

大切なポイントが3つ

・通気性

・軽量性

・ソール


①通気性


実はシューズ内のムレは足の疲れにつながります。

足がムレてしまうと気だるさや、疲れを感じるのです!

わたしもムレが疲れに繋がるとは知らなかったのですが、確かに疲れると靴を脱ぎたくなりますし、

ムレにくい靴やサンダルより、ムレた靴を脱いだ後のほうが解放感を感じます。

そのため靴のアッパーの通気性は重要です。

cciluのシューズはメッシュやアッパーデザインに通気口を作るなどのデザインが主流になっています。

そのため通気性を確保しています。

 


②軽量性


 

cciluのシューズはEVA(合成樹脂)を使ったコンフォートシューズはもちろん、

最近ではスニーカーでも片足200g以下の靴を開発するなど、軽量性には自信があります。

 

軽い靴は長時間履いていても疲れにくいというイメージはあります。

しかし軽い靴でも重要なのは、しっかりと足を支えてくれること!

cciluはアッパーのフィット感、ソールの厚み・クッション性を優先したうえで軽量性も実現しています。

 


③ソール


インソール、アウトソールは足の疲れにくさに最も繋がるポイント。

柔らかい&軽い=疲れにくい

ではないのです。

インソールは衝撃吸収力。アウトソールはグリップ力が必要です。

cciluのインソールは衝撃吸収力が高く、通気性・抗菌も備えております。

アウトソールは、数種類の機能ソールがあります。

骨の動きに合わせたソールや、クッション性・滑りにくさなど、着用するシーンやアッパーデザインに合わせアウトソールを組み合わせています。

適度な厚みと、歩行時にしっかりと地面の接地面をとらえるグリップ力を装備し、足に余計な力が入らず疲れにくくなっています。



以上3つの足を疲れさせないポイントをおさえ、靴を選ぶのがおすすめです。

cciluの疲れにくいシューズ(スニーカー)ランキングはこちら

↓↓↓

第3位

メッシュのインナーとパンチングレザーの組み合わせで通気性◎

心地良いフィット感が人気のスリッポン!

MENSはこちら

LADIESはこちら

 

第2位

 

伸縮性と通気性のある糸を組み合わせ

ソックスのような着用感を実現したスニーカー。

HORIZON MERCURY

 

第1位

一度履いたら手放せない快適シューズ

スニーカーで200g以下!

なのに衝撃吸収、クッション性抜群!

KAZA ANFERNEE



 ぜひcciluの疲れにくいシューズを体感してみてください。